知覚過敏と歯軋りは差し歯でなおりますか?


前歯4本が知覚過敏で冷たいもの・熱いものがかなりしみるため時々、薬をつけにかよっています。

先日、かなりの激痛があったので歯医者に行くと赤い神経がでていました。
前歯のみ歯並びが悪く、噛みあわせが悪いのか、前歯が婉曲に削れており、また、最近はよく口の中を噛むようになりました。
寝ていても噛むことが多く、それで目が覚めたりしています。
ここ一年ぐらいでこんな状態になってしまいました。

歯医者では「寝ている間に歯軋りしてるのでは」といわれましたが、そんな形跡もないし、歯をずらしてもどこで削れているのかわからず、とてもめずらしい、5千人に一人の患者と言われてしまいました。

そこで歯医者に「上下の前歯8本を差し歯にしたらかみ合わせの調整も知覚過敏も治る。予算は100万程度」といわれました。
やはり、この差し歯はしたほうがいいですか?
差し歯にすると知覚過敏や歯の削れはなくなりますか?
(差し歯にしても歯軋りが直らないと差し歯が削れるような…)

歯並びをきれいにすることよりも知覚過敏や歯の削れがなくなるほうが私には重要です。
教えてください。

知覚過敏も多少の症状と上手に付き合うことができれば、そのままでもいいと思います。
知覚過敏症でまず疑うのは、プラーク(歯の汚れ)が付いているかどうかです。
プラークが付いているとしみる感じが強く出てしまうので、ブラッシングをしっかり行うことをお勧めします。
ですが、神経が出ているのであれば、神経が感染してしまうので、すぐに神経の治療を行ったほうがいいと思います。差し歯にすることは、決して悪いことではありません。
むしろ歯並びを良くする事で、環境が改善するのでブラッシングも行いやすくなると思います。
何もしていないで歯が削れることはありません。おそらく睡眠中のブラキシズムはあると思います。ブラキシズムに対する治療を行うことが歯が削れないためには必要なことだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。