金属を使った差し歯は黒く変色(歯ぐきの黒ずみ)しないの?



今歯医者に通っており、前歯を1本差し歯にします。今仮歯を入れている状態です。
私は差し歯にしてから歯茎が黒ずんでしまうのではないか。。。と心配しており、きちんと作る歯は、保険外のものでお願いしていて、以前先生に聞いた所「金 属の上にセラミック被せるから歯茎の黒ずみは大丈夫」と言われました。私は、金属を使う=歯茎が黒くなる。と思っているので、とても心配です。8万円との 事なので、8万払って黒くなってしまうのは。。。しかも前歯です。金属を使った差し歯でも、黒く変色はしないのでしょうか??

 

土台と差し歯をすべてメタルフリー修復をおこなった場合では、歯肉は黒くなりません。
メタルボンド(金属で補強したセラミック)の場合でも、中の金属をシルバーではなくて、ゴールドの明るい色にしたり、マージン(境界部)をセラミックで行ったりすることで、ブラックマージン(歯ぐきの黒ずみ)は出にくくなります。
しかし、将来歯ぐきが下がってきた場合にブラックマージンが出現する可能性はありますが、しっかりしたプラークコントロールにより予防できます。

差し歯の悩みページトップ▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。