歯茎(歯ぐき)の黒ずみと差し歯の交換について


14年前に上前歯2本を差し歯(スタンダードセラミック)にして、年月を重ね、出産等を経験するうちに歯茎が後退し、さらに、段差もできてしまっているそうなので、差し歯を差し替えることにしました。
トレードマークのように大きい前歯ということと、前回のスタンダードで歯茎との間の黒ずみがとても気になって、今回は「オールセラミックにしてみたい」と相談してみました。
先生は、簡単に「では、コアを差し替えてキレイにしあげましょうね」と仰ったのですが、(そして私も「はい」と了承したのですが)神経を抜いた歯根のコアの交換というものにリスクはないのでしょうか?
(歯根が折れてしまったり、今さらいじったことによって根尖病巣になってしまったり)
今のコアと歯根の自分が感じるコンディションがいいもので、へたに興味をしめしてコアまで替えてリスクを負うより、ただ、このままスタンダードを被せ直し て終わりにしてしまったほうが、数年後に感じる黒ずみの不快感程度で終わったほうが良かったのかな…と思ってしまったりもするのですが、いかがなもの でしょうか?

 

コアを外す場合コアを削ったり、揺すったり、引っ張ったりして外すことが多いと思います。今入っているコアの長さや太さにもよりますが、コアを外す場合特に慎重に行います。ご指摘のように歯根が割れたりひびが入ってしまう可能性があるからです。
しかしオールセラミッククラウンはファイバーコアが入ることによりその審美性が高まりますので、オールセラミッククラウンにするのであればやはりメタルコ アは外したほうが良いかと思います。コアを外すのにどの程度リスクがあるのか担当の先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。

差し歯の悩みページトップ▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。