歯茎の黒ずみの原因について教えてください!


歯茎の黒ずみの原因

最近、前歯が折れてしまったため、差し歯にしました。10年ほど前に神経を抜いていた歯なので、もろくなっていたようです。差し歯はたぶんセラミッククラウンだと思います。
今は仮止めをして、色をみているのですが、その歯の上だけ歯茎が黒ずんでいるのが気になります。以前から少し黒ずんでいたのですが、根本の処置をし、土台 をいれてから余計黒くなってきた気がします。土台をいれるときに歯茎のところまで削るからと麻酔をしたので、そのせいで黒くなっているのかと思っていまし たが、2週間以上たった今でも、歯茎は黒いままです。
セラミッククラウンの種類などは全く説明されず、セラミックだと7.5万円になるという説明だけでした。もし、スタンダードセラミックで歯茎が黒ずんでい る場合、今からでもゴールドかオールセラミックに変えることはできるのでしょうか?また、変えた場合、余計に費用がかかるのでしょうか?

 

歯茎の根元が黒くなる理由は、主に3つです。
1、金属の透過
2、金属の溶出
3、金属の切削片が歯茎へ混入する
1の金属の透過はオールセラミックの土台とクラウンを用いることで、改善できます。
2の金属の溶出は根っこを黒くし、さらに歯茎を黒くします。
根っこを黒くした段階では、歯根を漂白することである程度対応できます。
しかし、歯茎が着色した場合では、歯肉を除去しないと改善されません。
歯周外科やレーザーによる方法があります、また費用は各歯科医院でことなりますのでので担当医にお尋ねください。

差し歯の悩みページトップ▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。