つないだ差し歯と一本一本の差し歯について


 

差し歯をどうしようか迷っていた際このサイトを発見して非常に勉強になるます。ただ、探したのですがどこにものっていないため是非教えていただきたいことがあります。

私は平成17年4月、に上顎骨濃胞をとる手術をし、右の前歯から1~3本、じゃっかん歯の根っこを削りました。
現在、根っこをけずっていない左の前歯をふくめ、4本差し歯にするため、仮歯中です。

お医者さんは、4本をつないだ差し歯にするか、一本一本にするかは、私個人の選択にゆだねるとおっしゃいました。

4本つなぐメリットとしては、3本の歯の根っこを削っているため、その補強のためにもよい。

デメリットととしては、駄目になったときは、4本全部いっぺんに駄目になることと、歯を磨くケアがおろそかになること、とおっしゃっています。

正直、自分ではどうしたらいいかわかりません。
是非アドバイスいただければ大変うれしく思います。

上顎骨の嚢胞のため歯根の根尖を少し切除したとの事ですので、本来の歯より歯槽骨の中に埋まっている歯根の長さが短くなっていると思われます。

このような 場合、担当の先生がおっしゃる通り4本の歯をつないだ方が歯と歯同士が固定されて丈夫だと思われますが、この反面ブラッシングやデンタルフロスなどのメイ ンテナンスがとてもしにくくなります。

また万が一4本のうちの1本が駄目になってしまったとき、場合によっては4本全てやり直しが必要になる可能性がある と思われます。

したがってもし1本1本の歯の揺れがあるようでしたら4本連結して固定したほうが良いかもしれませんし、揺れがあまり無いようでしたら1本 1本差し歯にしたほうが良いと思われます。

今のご自分の歯の状態を担当の先生に詳しくお聞きになられてどちらにするか検討されてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。