子供の差し歯は何歳頃がベスト?


7歳の娘ですが前歯(永久歯)1本をおりまして現 在、歯髄の一部を残す生活歯髄切断法の処置をして歯牙に保持がもとめられなかったのでミニキンピンを立ててレジンコアにて補強しフラスコ冠を用いてレジン 修復を行ったという事ですが、将来的には差し歯を入れようと考えていますが何歳頃がベストでしょうか?

また、何回か入れ直さなくてはいけないのでしょう か?
それと、差し歯を入れてからインプラント治療というのは可能ですか?

生活歯髄切断法をされたとの事ですので、おそらくは歯の根っこは割れたりしていないのだと思われます。

7歳ぐらいですと、歯はだいぶお口の中に出てきてい ますが、歯の根っこは9~10歳くらいにならないと出来上がってきません。
したがって今の段階で歯の神経の処置をするのは非常に難しいので根っこの部分の 神経を残す生活歯髄切断法をされたのだと思われます。
ただし10歳くらいになっても歯の根っこの厚みはそれほどありません。

歯の根っこは内側に向かって経 年的に厚みを増していきます(歯髄腔が狭くなっていく)。
また咬み合わせがまだ不安定な事を考え合わせると個人差はありますが12~15歳位になれば差し 歯にすることが十分可能かと思われます。
差し歯にする際はレジン(プラスチック)を貼り付けたもの(レジン前装冠)ですと色が変色しやすいですので何回か入れなおさなければならない可能性もあるかと思われますが、セラミックの差し歯ですと色の変化がありませんのでより長くお使いになれると思います。

また、インプラントといいますのは歯がなくなった場合に骨の中に植立するものですので歯の根っこが残っている場合には基本的には適応にならないと思われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。