差し歯でも矯正はできますか?


差し歯を保険のものから自費のものにしようと思い、何軒かの歯医者さんで診察して頂いたら八重歯もあり開口なので矯正をしてからの方が良いと言われました。
差し歯や神経のない歯があっても矯正治療はできるんですか?

また、八重歯を差し歯に変えるか八重歯を抜いてブッリジにし前歯は被せ物で歯並びを治そうとも言われました。

将来差し歯を入れなければならない場合歯にとつてはやはり今矯正治療をしておいた方がもし差し歯をしても歯並びの良い方がいいんでしょうか?

矯正治療(ワイヤー矯正)に関しましては、差し歯や神経が取ってある歯でも可能です。

矯正治療をしてから、将来的にセラミッククラウンで治療することも可能です。

差し歯をやりかえる場合、開咬があるのであれば矯正治療をしたほうが仕上がりは良いと思いますしかし、矯正治療をすると、歯並びの後戻りのことや治療期間が長くかかることもありますので、よくご検討されてみてください。

差し歯を利用した矯正治療例
①出っ歯(上顎前突)を治す
【出っ歯症例1】
出っ歯1 出っ歯2
出っ歯3 出っ歯4
【出っ歯症例2】
出っ歯5 出っ歯6
出っ歯7 出っ歯8
【出っ歯症例3】
出っ歯9 出っ歯10
出っ歯11 出っ歯12
②すきっ歯(正中離開、すきっ歯)を治す。
【すきっ歯症例1】
すきっ歯1 すきっ歯2
【すきっ歯症例2】
すきっ歯3 すきっ歯4
【すきっ歯症例2】
すきっ歯5 すきっ歯6
③乱杭歯(凸凹した叢生)を治す。
【凸凹症例1】
乱杭歯1 乱杭歯2
【凸凹症例2】
乱杭歯3 乱杭歯4
【凸凹症例3】
乱杭歯5 乱杭歯6
④受け口(反対咬合)を治す。
【受け口症例1】
受け口1 受け口2
【受け口症例2】
受け口3 受け口4

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。