神経を取った歯の土台とは?


10年ほど前に、顔面から転び前歯2本を脱臼し神経を抜きました。
年々その歯が黒く変色し、前歯だけにとても目立つようになり、気になって歯医者さんで相談してみたところ、差し歯を勧められました。このサイトを見ていると、土台を作って被せるとありますが、私が行った歯医者さんでは、歯を削って接着剤で留めるという説明だけで土台という言葉はありませんでした。土台とは何でしょうか。
歯を削るのに抵抗があり、ホワイトニングなどの方法があればいいのですが、それは不可能でしょうか。サイトを見たかぎり、差し歯もいろいろとトラブルがあるようで、なんだかとても不安です。

 

通常神経を取った歯は脆くなってしまうので、被せ物をします。そのときに神経を取った穴も脆くなってしまうので、金属もしくはファイバーによってその穴を 埋めます。簡単にいうとそれが土台(コア)です。また土台を立てずに、色だけの改善のために、歯の表面にセラミックを貼り付けたり、接着剤によってプラスチック(レジン)を貼り付ける方法がありますが、歯が脆くなっているのは改善されません。レジンは時間がたつと、若干変色してきますので永久的な治療では ないと考えたほうがいいです。 また神経を取っている歯でも、ホワイトニング(ブリーチング)ができます。その方法は歯科医院で実施する処置なので家ではできません。神経を取った歯で、 変色が気になる場合は、土台を立ててセラミックで被せるのが一番だとおもいます。

差し歯の悩みページトップ▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。