差し歯とインプラントの違いは?


治療をして、金属をかぶせていた歯に亀裂が入って、抜いてブリッジをかけるか再生治療をするかという選択をせまられました。他にインプラントという方法もあると言われたのですが、学生で治療費を出すことができず、 結局今のところ金属製のブリッジをつける方向で話が進んでいます。しかし、それでは健康な歯も削ってしまい、見た目もよくないので、絶対に嫌です。
普通の差し歯とインプラントの違いってなんですか?この場合、根っこまでとるので、差し歯治療はできないのでしょうか?

 

歯を抜いてしまった後の方法といたしましては入れ歯、インプラント、ブリッジとなります。ブリッジは両隣の歯を削らないといけませんので、なるべくなら避けたいものです。それ以外となるとインプラントと入れ歯になります。
やはりインプラントは歯のことを考えると一番いい方法なのですが費用がかかります。インプラントの治療を行っているところではクレジットローンも扱っていると思いますので一度お考え下さい。
またどうしてもだめだという場合はとりあえず入れ歯を作ってもらって費用がたまったところでインプラントを考えるというのもいいかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。