自費治療の希望は患者側からするべき?


事故で歯がかけてしまい17歳の頃、歯科医と親の話し合いで 前歯4本を差し歯にしました。38歳になり、歯周病などで同院に定期通院してますが、その内の1本の歯茎の腫れが改善されず、腫れのある差し歯から隙間の 根元が見えるのに疑問を抱いてましたが、そのつど樹脂のようなもので、埋められて笑うたびに、手で覆うような習慣もできてしまいました。
意を決して、別の歯科医へ相談に行った結果、1本抜歯、その他の交換治療を奨められました。今、交換治療中ですが、1本を終えて土台の型をとりました。
こちらの掲載で知り、興味を持ったファイバーコアというものは、こちらから指定しない限りは通常は使用されないものなんでしょうか?
また、オールセラミックの希望も、患者側からご相談するのが、鉄則のようなものですか?段階的に、先生からお話があるのでしょうか?
それから、差し歯並びの周辺の糸切り歯等のホワイトニングも、お願いしたいのですが、黄ばみ沈着がかなり見られます。差し歯との色、バランス等で自然な仕 上がりが希望なのですが、いつ頃にお願いするのが、最善なのでしょうか?
お忙しい中、申し訳ありませんが、3点のご回答の程、よろしくお願いします。

 

①ファイバーコアは比較的新しい材料なので取り扱っていない歯科医院さんもありますのでファイバーコアで治療したいとご自身からいったほうがよろしいかと思います。
②オールセラミック治療につきましてもご自身からいったほうがよろしいかと思います。(ファイバーコアやオールセラミックにつきましては治療を行っている ところであれば患者さんからではなく先生のほうからご説明があると思います。)
③ホワイトニングは差し歯を入れる前に行うのが基本です。ですが急ぐ場合は差し歯の治療と並行して行うことも可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。