差し歯(さしば)の再治療は歯に負担が掛かる?


私は上の前歯2本をオールセラミックにしています。5年ほど前に治療しました。現在も定期的な検診を受けており、歯根の破折も、根尖病巣もないのでまずはひと安心なのですが、1,2年くらい前に左のセラミックにひ びが入り、最近では歯茎が下がってセラミックと歯茎の間に小さな隙間が確認できます。気にしすぎかもしれませんが、なんだか、指で軽く叩いたときに、右の歯よりもこの左の歯の方が大きくひびいて、不安になります。
ここ一年ほどで、ファイバーコアというものが出来たということを聞き、思い切って左のセラミックを土台から変えてもいいかな、という気になっているのです が、必然性があるのか、微妙な段階でまよっています。ひびくから、中の歯が虫歯になっているということはありますか?
また、再度前歯のセラミックや土台をいじることで、歯に負担はかかるのでしょうか。「寝た子を起こす」状態になりはしないか心配です。

 

ひびが入って隙間もできているのですからそのままにしておいていいとは思いません。後々残っている歯のことを考えると心配になります。
あと金属の土台よりファイバーコアのほうが歯には負担が掛かりませんので担当の先生にご相談をしてつくりかえてもらってはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。