差し歯の種類

オールセラミッククラウン

差し歯(さし歯)が全てセラミックで出来ているオールセラミッククラウンです。 
角度を変えない前歯に最適です。歯の根の治療を行った場合にはファイバーコア(色は白)を用います。
数年経っても歯肉(歯ぐき)の黒ずみは起こりません。
金属をまったく使用しないため、金属アレルギーの方も安心です。

 

ゴールドセラミッククラウン

金属のフレーム(色はゴールド)にセラミックを貼り付けたタイプの差し歯(さし歯)です。歯並びを揃えたり(クイック矯正)、ブリッジ(強度的に強くする場合)にするのに最適な方法です。
歯の根の治療を行った場合の土台はゴールドコアを用います。角度を付けることが出来ます。

 

スタンダードセラミッククラウン

金属のフレーム(セミプレシャス・色はシルバー)にセラミックを貼り付け たタイプの差し歯(さし歯)です。小臼歯・大臼歯(奥歯)に用います。歯の根の治療を行った場合の土台はシルバーコア(金属の種類:金銀パラジウム合金) を用います。歯肉(歯ぐき)が下がってきた場合、ブラックマージン(歯の根が黒く見えること)が見えたり、歯肉の変色が起こる為、前歯にはあまりお勧め致 しません。

 

保険の差し歯(さしば)

保険制度では、差し歯は通常「レジン前装冠」という金属にレジン(プラスチック)を貼り付ける方法を前歯に用いますが、他の歯と色を合わせたりする事が出来ず、粒子が大きく材質が柔らかい為、使っている間に変色して摩れてきてしまいます。 その為、長い年月お使い頂くには不向きです。

インプラント

歯の根から失ってしまった場合は、インプラントという、金属を埋め込み、骨と結合させ、その上から被せ物をつける方法があります。

 

オールセラミックを利用する際に実際に患者様に頂いたご質問を掲載致しております。

>> 質問をご覧になる方はこちら